メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

中学生の最優先政策は「安全保障」 鎌ケ谷中

自分たちの政策優先度ランキングを作る中学3年生。班ごとに話し合って優先順位を決めた=千葉県鎌ケ谷市の市立鎌ケ谷中学校で2017年10月20日、中村美奈子撮影(画像の一部を加工しています)

 衆院選も終盤戦。千葉県鎌ケ谷市の市立鎌ケ谷中学校で20日、生徒が政策分野に優先順位をつける「政策優先度ランキング」作りの授業があり、未来の有権者の最優先政策は「安全保障」となった。北朝鮮の弾道ミサイル発射に危機感を抱き、不安に思う気持ちが背景にあるようだ。【中村美奈子/統合デジタル取材センター】

 ランキング作りは3年生の社会科(公民分野)の授業で実施し、この日は計3クラス約100人が班ごとに作成した。

 このうち6組の授業では、最初に大塚功祐教諭(35)が各政党の党首をアニメのポケモンに例えて「いろん…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです