メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

2017衆院選 国民がくむべき教訓=倉重篤郎(編集編成局)

硬い表情でテレビのインタビューに応じる民進党の前原誠司代表=東京都千代田区で2017年10月22日夜、佐々木順一撮影

野党をどう育てるか

 政治記者になって30年余。ある単純な仮説がある。実は日本国民は政治を軽んじてきたのではないか。なぜならば、外交・安全保障政策という最重要な政治については自らの主体的責任を放棄して米国に全面依存、経済のパイの分配を政治の役割としてきたからだ。経済は一流、政治は二流でいい、というのが本音に見える。解散政局のドタバタ劇でそれが真説に思えた。

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2071文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです