メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍政治への注文

/上 リベラル外交継続を=政治部編集委員・平田崇浩

 保守か、リベラルか。

 そんな政治用語が注目された衆院選だった。

 安倍晋三首相といえば、保守のイメージが強い。だが、この5年間の安倍外交を振り返るとリベラルの方が当てはまる。

 2015年の米議会演説と戦後70年談話、旧日本軍の慰安婦問題に関する日韓合意、昨年のオバマ前米大統領の広島訪問と安倍首相の真珠湾訪問--。

 これらの根底に通じるのは、戦後の和解を確実なものとし、米欧が築いてきた戦後の国際秩序を支持する側に…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1250文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]