メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍政治への注文

/下 分断避け憲法議論を=政治部・野口武則

 衆院選で安倍晋三首相が街頭演説した会場では「アベが国難」「選挙妨害は犯罪」などのプラカードが掲げられ、首相支持派・反対派の双方からヤジが飛んだ。とげとげしい光景から、2015年5月に大阪市で行われた「大阪都構想」の賛否を問う住民投票を思い出した。

 都構想を進めた橋下徹市長(当時)は住民説明会で、反対意見を述べた市民を「納得できなければ(投票で)反対してください」と突き放した。賛否の運動が激化し、「市民を二分した」「しこりが残る」と懸念する声が広がった末に都構想は小差で否決された。首相に近い自民党議員は「首相は憲法改正の国民投票の予行演習にしたいと考えていた」と語る。

 憲法改正案は衆参両院の憲法審査会で審査され、両院の3分の2以上の賛成で発議された後、国民投票にかけ…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1156文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]