メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車でGO!

/14 乗るのは選挙の間だけ?

衆院選の投票を呼びかけながら走る自転車=福岡市中央区で、矢頭智剛撮影

 一足早く師走が訪れたかのように先生たちが走り回った10月が終わる。自転車で選挙運動を繰り広げた候補者の方々は、若さや健康をアピールするだけでなく、実際に手に入れて維持したほうがいい。自転車通勤を試してみてはどうだろう。

 野党第1党が事実上分裂して新党が発足した日、初めての街頭演説があると聞き、東京・有楽町駅前に出かけてみた。会社からママチャリで10分。会場に着くと、演説開始前にロープで通路を確保するスタッフらしき人たちの服装に驚いた。よく言えば自由。悪く言うならラフで統制が取れていない。とても国会議員の秘書には見えない。政党として総務省に届け出たばかりで党職員がおらず、ツイッターで街頭演説を知ったボランティアがとりあえずの会場整理を担っていたのだった。いわゆる自転車操業だ。

 ところが、聴衆のコールに迎えられて登場した党首は、小さな台の上に立つと、新党設立の理由を理路整然と…

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文2075文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです