メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

外国人が見た衆院選

朴喆熙氏

 今回の衆院選には、海外メディアや日本に暮らす外国人も関心を寄せた。突然の解散を受け、一時は政界再編が進むかに見えたが、ふたを開けてみれば自民党の大勝。与野党の力関係に大きな変化は起きなかった。「一体、何のための選挙だったのか?」。理解しにくい日本の政治は外国人の目に、どう映っているのか。

日中露、1強政権時代に 朴〓熙・ソウル大国際大学院長

 自民、公明の与党で憲法改正の発議に必要な3分の2議席を確保した衆院選結果について韓国では、日本が改憲を経て「戦争ができる国」になり、核・ミサイル開発を進める北朝鮮問題を武力で解決するのではないかという警戒心が強まっている。だが、改憲は国外からとやかく言われる筋合いの問題ではない。今後本格化する改憲手続きで「何のための改憲か」を安倍晋三首相はまず日本国民に説明する必要がある。ただ、それに加えて、疑念を持つ韓国、中国などに対して安倍首相が「誤解」を解く努力をしていかなければ近隣諸国の対日不信は高まるだろう。

 衆院選では北朝鮮政策が争点の一つとなった。制裁強化を公約に掲げた自民党が大勝したことで、安倍政権は…

この記事は有料記事です。

残り4097文字(全文4573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです