メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

無所属候補、不利な戦い

選挙カーから手を振る候補者=福岡市博多区で2017年10月10日

 <くらしナビ おとなへステップ>

 10月22日投開票された衆院選では、民進党の分(ぶん)裂(れつ)などによって、前回より28人多い73人の無所属候補が小選挙区で出馬しました。しかし、衆院選での無所属候補は政党の公認候補に比べ、制度上、不利な戦いを強いられます。

 例えば、候補者1人に認められる選挙のビラは7万枚ですが、公認候補は政党分としてさらに4万枚を配ることができます。また無所属候補はNHKの政見放送に出演することができません。このほか選挙カー、ポスターなどの数も公認候補より制限されます。

 最も影響が大きいのは、比例代表への重複立候補ができないことです。小選挙区比例代表並立制の導入で、公…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文886文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  2. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. インサイト ミカン、希望の0.5トン
  5. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]