メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

無所属候補、不利な戦い

選挙カーから手を振る候補者=福岡市博多区で2017年10月10日

 <くらしナビ おとなへステップ>

 10月22日投開票された衆院選では、民進党の分(ぶん)裂(れつ)などによって、前回より28人多い73人の無所属候補が小選挙区で出馬しました。しかし、衆院選での無所属候補は政党の公認候補に比べ、制度上、不利な戦いを強いられます。

 例えば、候補者1人に認められる選挙のビラは7万枚ですが、公認候補は政党分としてさらに4万枚を配ることができます。また無所属候補はNHKの政見放送に出演することができません。このほか選挙カー、ポスターなどの数も公認候補より制限されます。

 最も影響が大きいのは、比例代表への重複立候補ができないことです。小選挙区比例代表並立制の導入で、公…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文886文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎
  2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  3. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  4. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  5. 山口メンバー 無期限謹慎処分に 所属事務所が決定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]