メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明党

首相との距離感悩む 議席減の衆院選を総括

公明の比例票と議席数の推移

 公明党は10日、地方組織の代表者を集め、獲得議席を減らした衆院選を総括した。山口那津男代表は「党執行部の責任だ」と陳謝し、党勢回復に努める考えを強調。しかし党内や支持層には、公明が政権の「ブレーキ役」を十分果たしておらず、無党派層などの離反を招いたとの見方も根強い。今後の安倍晋三首相(自民党総裁)との距離感や憲法改正などを巡り、公明執行部は難しいかじ取りを迫られそうだ。【木下訓明】

 公明は衆院選で公示前から6議席減の29議席にとどまった。各比例ブロックの合計得票は697万票。自民…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文941文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです