メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・細田氏

参院選と改憲国民投票 同時実施に慎重姿勢

 自民党の細田博之・憲法改正推進本部長は10日、毎日新聞のインタビューに応じ、2019年夏の参院選と改憲案の国民投票を同時に実施する可能性について「改憲案の議論が選挙戦に左右される。おのおのを独立して考えるのが筋だ」と慎重な考えを示した。

     自民党内では来年中の国民投票を目指す意見や、19年参院選と同時実施する案もある。細田氏は来年の国民投票実施について「スケジュールありきでは『せいては事をし損じる』だ」と指摘。参院選との同時実施についても「(有権者が)支持政党が改憲に反対しているから国民投票も反対だとなり、問題を整理しにくい」とマイナス面を強調した。

     自民は党改憲案の年内策定を目指して議論を始めている。細田氏は「自民党内で異論なく作った改憲案が、多くの党に受け入れられることが要件だ」と語った。【田中裕之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
    2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    3. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん
    4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです