メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明

首相との距離感悩む 議席減の衆院選を総括

公明の比例票と議席数の推移

 公明党は10日、地方組織の代表者を集め、獲得議席を減らした衆院選を総括した。山口那津男代表は「党執行部の責任だ」と陳謝し、党勢回復に努める考えを強調。しかし党内や支持層には、公明が政権の「ブレーキ役」を十分果たしておらず、無党派層などの離反を招いたとの見方も根強い。今後の安倍晋三首相(自民党総裁)との距離感や憲法改正などを巡り、公明執行部は難しいかじ取りを迫られそうだ。

 公明は衆院選で公示前から6議席減の29議席にとどまった。各比例ブロックの合計得票は697万票。自民…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文941文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです