メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島県知事選

現職の湯崎英彦氏が3選確実に

 任期満了に伴う広島県知事選は12日投開票され、現職の湯崎英彦氏(52)=自民、公明、民進推薦=が、新人で共産党県常任委員の高見篤己(あつみ)氏(65)=共産推薦=を破り、3選を確実にした。

     湯崎氏は主要政党から相乗りで支援を受け、観光客増や経済振興など2期8年の実績を強調。創業支援や教育改革を進めると訴え、幅広い支持を集めた。高見氏は福祉重視の施策への転換を掲げたが、及ばなかった。【竹内麻子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
    3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
    5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです