メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島県知事選

現職の湯崎英彦氏が3選果たす

 任期満了に伴う広島県知事選は12日投開票され、現職の湯崎英彦氏(52)=自民、公明、民進推薦=が、新人で共産党県常任委員の高見篤己(あつみ)氏(65)=共産推薦=を破り、3選を果たした。投票率は31.09%(前回31.97%)で、過去3番目に低かった。

     湯崎氏は主要政党から相乗りで支援を受け、観光客増や経済振興など2期8年の実績を強調。創業支援や教育改革を進めると訴え、幅広い支持を集めた。高見氏は福祉重視の施策への転換を掲げたが、及ばなかった。【竹内麻子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
    4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
    5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです