メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

有権者へ寄付 なぜ続く

国会で有権者に渡した香典について追及される高木毅復興相(当時)=2015年12月8日、藤井太郎撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 政治家は選挙区内の有権者にお金や贈(ぞう)答(とう)品(ひん)を配ることが禁止されています。公職選挙法では冠(かん)婚(こん)葬(そう)祭(さい)や祭事などに応じ禁止される行(こう)為(い)を細かく定めています。

 群馬県渋(しぶ)川(かわ)市(し)で2007年3月、地元の神社の改修工事に際し、県議と市議ら4人が1万~220万円の寄付をしていたとして県警に公職選挙法違(い)反(はん)容疑で書類送検されました(その後起(き)訴(そ)猶(ゆう)予(よ)処分)。神社が寄付者の氏名を境内に掲(かか)げていたため、4人は言い逃れできませんでした。同法では、こうした神社への寄付のほか、スポーツ大会やお祭りなどへの寄付や物品の差し入れを禁止しています。

 結婚式や葬(そう)儀(ぎ)での祝(しゅう)儀(ぎ)や香(こう)典(でん)もほとんどが禁止の対象にな…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文951文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]