メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

参院改革、先見えず 各党の相違点顕著

これまでの議論で出た主な会派の考え方

 参院選の「1票の格差」是正を含む選挙制度改革を巡る議論の行方が見通せない。2015年成立の改正公職選挙法の付則には、19年参院選に向けて「必ず結論を得る」と記されており、通例なら来年1月召集の通常国会の間に各党の考えを集約しなければならない。しかし17年5月から12回に及ぶ議論を重ねても、相違点が顕著になるばかりだ。【高橋恵子】

 参院では、1票の格差が最大4・77倍だった13年参院選を違憲状態とする最高裁判決を受け、16年参院…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1003文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]