メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀・玄海町

原発容認・岸本町長、4選不出馬表明

岸本英雄玄海町長

 九州電力玄海原発が立地する佐賀県玄海町の岸本英雄町長(64)は8日の町議会本会議で、任期満了に伴う町長選(7月29日投開票)に出馬しない方針を表明した。町長選への出馬を表明した人はまだいないが、今後は原発容認派の岸本氏の後継を擁立する動きが出てくるとみられる。

     岸本氏は本会議の一般質問で「昨年は2回入院し、年を取ったと感じた。8月までの任期で引退させていただきたい」と述べた。

     岸本氏は県議だった2006年、町長選に出馬して初当選し、現在3期目。東京電力福島第1原発事故後も原発の再稼働を容認し、新規増設や使用済み核燃料の乾式貯蔵施設の建設にも前向きな姿勢を示してきた。

     前回の町長選は、岸本氏が反原発の候補者ら2人を破って当選した。【関東晋慈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    5. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]