メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来夏参院選

共産、1人区で先手 野党共闘主導狙い 14人公認内定

 来夏の参院選に向け、共産党が全国に32ある改選数1の「1人区」での公認候補擁立を急ピッチで進めている。遅々とした他の野党を尻目に、既に14の1人区で公認を内定。民進党の2人、立憲民主党の1人を圧倒している。2016年参院選では全ての1人区の野党系候補が一本化されており、先手を打つことで共闘を主導する狙いだ。【遠藤修平】

 「32の1人区で市民と野党の共闘を成立させ、全てで自民党を打ち破る構えで戦いたい。自公と補完勢力を…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 韓国、日本に検証を改めて要請 レーダー照射問題
  3. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダー測定高度も
  4. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  5. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです