メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

「知事選が国政直撃」の例も

初当選が確実となりバンザイする川勝平太・現静岡県知事(中央)=静岡市葵区の事務所で2009年7月5日、内藤絵美撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 新(にい)潟(がた)県(けん)の米(よね)山(やま)隆(りゅう)一(いち)知事の辞職に伴(ともな)う県知事選が6月10日投(とう)開(かい)票(ひょう)されることが決まりました。通常国会の会期中とあって、選挙結果は国政を直(ちょく)撃(げき)するだけでなく、安(あ)倍(べ)晋(しん)三(ぞう)首相の3選が注目される9月の自民党総裁選にも影(えい)響(きょう)を及(およ)ぼす重要な地方選挙となりそうです。

 知事選はこれまで度々国政に影響を与(あた)えてきました。そのひとつが、自民党の麻生(あそう)太(た…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1199文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  3. 税制改正大綱 未婚親支援、調整難航
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 生保契約トラブル 無理な勧誘、高齢者に続発

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです