メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄

翁長知事、膵がんステージは2 「一日も早く復帰」

退院後に会見 知事選への出馬、これまで同様に明言避ける

 膵臓(すいぞう)に見つかった腫瘍の切除手術を受けて入院していた沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事(67)は15日、同県浦添市の病院を退院した。翁長知事は県庁で記者会見し、膵がんと診断され、がんの進行を示すステージは2だったと明らかにした。「一日も早く公務に復帰し、知事としての責任を全うしたい」と述べたが、今秋に予定される知事選への再選出馬についてはこれまで同様に明言を避けた。

 翁長知事によると、切除した腫瘍は約3センチ。膵臓周辺のリンパ節にも1カ所転移していたが、手術で切除…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです