メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

新潟県知事選 10日投開票 組織票VS政権批判 与党、政党色抑制/野党、6党派結束

新潟県上越市の村山秀幸市長(左)の応援を受け、街頭演説に立つ花角氏=同市で6日、浅見茂晴撮影

 新潟県の米山隆一前知事の辞職に伴う知事選(10日投開票)が終盤戦に入った。前海上保安庁次長の花角英世氏(60)を支持する与党は政党色を薄めようと腐心し、業界団体などを固める組織戦を展開。一方、元県議の池田千賀子氏(57)を推薦する野党は党幹部が積極的に街頭に立ち、政権批判票を取り込む戦術だ。来年の参院選への「試金石」と位置付ける与野党が総力戦を繰り広げている。【竹内望、浅見茂晴、南茂芽育】

 自民党の二階俊博幹事長は6日、長岡市に入ったが、街頭には立たず隠密行動を徹底した。地元の土地改良事…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  4. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです