メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀県選管

若者投票をPR 期日前の立会人に高校生起用

期日前投票所の立会人を務める松岡若奈さん(右)=滋賀県守山市役所で2018年6月9日、成松秋穂撮影

 選挙権が「満18歳以上」に引き下げられて初めてとなる今回の滋賀県知事選(24日投開票)で、県選管や各市町選管は10、20歳代をターゲットにした啓発に力を入れている。守山市選管は初めて、市内の高校生2人を期日前投票所の立会人に起用。昨秋の衆院選で県内の10代の投票率は44.78%と全体(56.32%)より大きく下回る中、若年層の投票率アップにつなげたい考えだ。【成松秋穂】

 9日午後、守山市役所大ホールに設けられた期日前投票所。高校の制服姿で立会人席に座る県立守山高3年の…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです