メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

新潟県知事選 花角氏が初当選 安堵の与党、不安消えず 自公地元組織に溝、参院選に懸念

今後の主な選挙日程など

 10日投開票された新潟県知事選は、自民、公明両党が支持した前海上保安庁次長、花角英世氏(60)が初当選し、総力戦を展開した政府・与党に安堵(あんど)感が広がった。秋の自民党総裁選に向け、安倍晋三首相の3選に「追い風」との声も漏れる。ただ、森友・加計問題で政権への風当たりがなお強いことに加え、知事選では自公の地元組織に溝が残り、来夏の参院選などに懸念も残した。

 首相は11日の自民党役員会で、知事選勝利に謝意を示して「おごることなく政権与党としての責任を果たし…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです