メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟県知事選

原発再稼働、反対が6割 出口調査

東京電力柏崎刈羽原発=新潟県で2017年9月、本社機「希望」から西本勝撮影

 10日投開票の新潟県知事選で共同通信が実施した出口調査によると、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に「反対」の人は43.4%、「どちらかといえば反対」は16.9%で、合わせて60%を超えた。「どちらかといえば」とした人の投票先は与党系の花角英世氏(60)と野党系の池田千賀子氏(57)が拮抗(きっこう)し、両者とも再稼働に慎重姿勢を示した影響がうかがえた。

 調査では「反対」とした人の69.1%は池田氏に、28.1%が花角氏に投票。「どちらかといえば反対」…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです