メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選改革

6増案、自民独善 「中立」議長、あっせん拒否

 参院選の「1票の格差」を是正するための選挙制度改革を巡って、自民党は14日に定数を「6増」する公職選挙法改正案の提出を強行した。自民案に反発する野党は、中立的な立場が求められる伊達忠一参院議長(自民出身)にあっせんを求めたが、拒否された。選挙制度改革は幅広い党の合意形成が本来欠かせない。にもかかわらず独自案で押し切ろうとする自民側の手法に野党は反発を強めている。【高橋恵子、遠藤修平】

 「今後の議論は法案審議の中で行ってほしい」

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです