メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

11月1日告示、18日投開票に

 沖縄県選挙管理委員会は22日、任期満了(12月9日)に伴う県知事選を、11月1日告示、18日投開票と決めた。政府と県が対立している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設問題が争点になるとみられる。

     移設に反対する翁長雄志(おなが・たけし)知事(67)は5月に膵(すい)がんであることを公表し、これまで再選出馬への態度を明らかにしていないが、県政与党は翁長氏の出馬を前提に準備を始めている。一方、県政野党の自民は6月中の候補者決定を目標に選考を進めている。

     2014年の前回選は那覇市長選と同日選だったが、今回の投開票日は那覇市長の任期満了(11月15日)後となり、同日選にはならない。【遠藤孝康】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです