メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名護市議会

子育て支援策巡り与野党攻防 背景に財源の「基地マネー」

名護市議会で野党市議からの質問を聞く渡具知武豊市長(中央)=名護市で2018年6月25日、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とされる名護市の市議会で、学校給食費や保育料を無料にする補正予算案が審議されている。無料化は2月に就任した渡具知武豊(とぐち・たけとよ)市長の公約だが、財源は辺野古移設への協力を前提に国が支給する米軍再編交付金。移設に反対する野党市議は「基地マネー」での子育て支援策を批判するが、9月に市議選を控えており、「子育て支援に後ろ向きと取られかねず、反対もしづらい」と苦渋の選択を迫られている。

 「基地を受け入れる代償として給食費を無料にすることは納得できない」。6月25日の市議会で野党会派の…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1010文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです