メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明

山口体制で参院選へ 進まぬ世代交代、不満も

公明党の衆参両院選での獲得議席と歴代代表

 公明党は2日の持ち回りの中央幹事会で、来年夏の参院選の第1次公認候補として、山口那津男代表(65)を含む13人(選挙区7人、比例代表6人)を内定した。山口氏を「任期中に69歳を超える場合は原則公認しない」とする党内規の例外としたことで、参院選までの「山口体制」継続は確定的となった。ただ、党内からは進まない世代交代への不満も漏れている。【木下訓明】

 「三つの条件をいずれもかなえているということで了承された」。山口氏は2日、自身に定年の例外が適用さ…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1234文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです