メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明

山口体制で参院選へ 進まぬ世代交代、不満も

公明党の衆参両院選での獲得議席と歴代代表

 公明党は2日の持ち回りの中央幹事会で、来年夏の参院選の第1次公認候補として、山口那津男代表(65)を含む13人(選挙区7人、比例代表6人)を内定した。山口氏を「任期中に69歳を超える場合は原則公認しない」とする党内規の例外としたことで、参院選までの「山口体制」継続は確定的となった。ただ、党内からは進まない世代交代への不満も漏れている。【木下訓明】

 「三つの条件をいずれもかなえているということで了承された」。山口氏は2日、自身に定年の例外が適用さ…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1234文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです