メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

沖縄知事選 自民、保守一本化探る 宜野湾市長擁立へ 安里氏も表明

 自民党沖縄県連は、沖縄県知事選(11月1日告示、同18日投開票)で佐喜真(さきま)淳宜野湾市長(53)を擁立する方針を固めた。翁長(おなが)雄志知事(67)を支える「オール沖縄」体制がほころび始めたとみて、県政奪還を目指す。ただ、保守系で元日本青年会議所会頭の安里(あさと)繁信氏(48)が3日、知事選への立候補を表明したため、自民党は保守分裂選挙の回避へ一本化を探っている。【竹内望、遠藤孝康】

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を進めたい安倍政権は、沖縄県知事選を最も重要…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです