メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

保守分裂も 自民、一本化探る

沖縄を巡る今後の主な動き

 自民党沖縄県連は、沖縄県知事選(11月1日告示、同18日投開票)で佐喜真(さきま)淳宜野湾市長(53)を擁立する方針を固めた。翁長雄志知事(67)を支える「オール沖縄」体制はほころび始めたとみて、県政奪還を目指す。ただ、保守系で元日本青年会議所会頭の安里繁信氏(48)が3日、知事選への立候補を表明したため、自民党は保守分裂選挙の回避へ一本化を探っている。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を進めたい安倍政権は、沖縄県知事選を最も重要…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文981文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです