メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

保守分裂も 自民、一本化探る

沖縄を巡る今後の主な動き

 自民党沖縄県連は、沖縄県知事選(11月1日告示、同18日投開票)で佐喜真(さきま)淳宜野湾市長(53)を擁立する方針を固めた。翁長雄志知事(67)を支える「オール沖縄」体制はほころび始めたとみて、県政奪還を目指す。ただ、保守系で元日本青年会議所会頭の安里繁信氏(48)が3日、知事選への立候補を表明したため、自民党は保守分裂選挙の回避へ一本化を探っている。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を進めたい安倍政権は、沖縄県知事選を最も重要…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文981文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです