メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選制度変更

公明・国民、対案提出 あす審議入り

参院各派代表者懇談会に臨む与野党の議員たち。中央は伊達忠一議長=国会内で2018年7月4日、川田雅浩撮影

 公明党と国民民主党は4日、参院選挙制度を変更する公職選挙法改正案を個別に国会に提出した。伊達忠一参院議長が同日に開いた各会派代表者懇談会で、参院定数を「6増」する自民党案に関する仲裁を拒否し、早期審議入りと対案提出を求めたため。これを受け、参院政治倫理・選挙制度特別委員会(倫選特)の石井浩郎委員長(自民)は、自民案、公明案、国民案の3法案を審議する同委を6日に開くと職権で決めた。

 「各会派の考え方は大きな開きがある。あっせん案を示すのは難しい」。懇談会では、伊達氏が冒頭から仲裁…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文686文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです