メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選挙改革

自民「6増案」 特別委で可決

参院政治倫理・選挙制度特別委員会で公職選挙法改正案の自民党案の採決があり、抗議のため退席する立憲、維新の議員たち(手前右)の奥で起立する自民、公明の議員たち=国会内で2018年7月11日午後0時55分、川田雅浩撮影

与党は11日中に参院本会議でも採決の構え

 参院の定数を「6増」する公職選挙法改正案は11日午後、参院政治倫理・選挙制度特別委員会で自民、公明両党の賛成多数で可決された。与党は同日中に参院本会議でも採決する方針だが、国民民主党など野党は「法案は自民党の党利党略だ」と抵抗している。

 公選法改正案は参院先議のため、参院で可決後に衆院に送られる。自民党は会期内成立を目指している。森山裕国対委員長は11日午前、「衆院での審議日程を考えると、今日、参院から送付されるとありがたい」と記者団に語った。

 特別委に先立ち、参院議院運営委員会は、日本維新の会が提出した石井浩郎特別委員長(自民党)に対する問責決議案を本会議で採決しないことを決めた。

 公選法改正案は自民党などが提出した。参院埼玉選挙区の定数を2増、比例代表の定数を4増し、比例の一部に拘束名簿式の「特定枠」を導入する。「鳥取・島根」「徳島・高知」の二つの合区で公認できない候補者を特定枠で優遇し、救済するのが目的だ。

 野党の参院国対委員長らは11日午前、国会内で会談し、公選法改正案への対応を協議。石井委員長の不信任動議を提出する方針で合意した。国民民主党会派の舟山康江国対委員長は「やはり委員長の進め方に問題がある」と記者団に語った。しかし、不信任動議は特別委で否決された。

 特別委では、立憲民主党と希望の党▽国民民主党▽日本維新の会--の対案はいずれも採決されなかった。【高橋恵子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 性的虐待 父「誰にも言うな」から救った夫の「悪くない」
  3. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  4. 性被害 BBCの詩織さん番組で「女として落ち度」言及 杉田水脈議員に批判
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]