メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

参院選挙区、最大3.08倍 昨年より拡大 衆院は2倍未満

参院選挙区の「1票の格差」の状況

 毎日新聞は総務省が11日公表した今年1月1日現在の人口動態調査を基に、国会議員1人当たりの人口の差を示す「1票の格差」を試算した。参院選挙区の最大格差は3・087倍で昨年1月1日時点の試算よりも拡大した。ただ、国会では参院定数を「6増」する公職選挙法改正案が審議中で、成立すれば最大格差は3倍未満に収まる。一方、衆院小選挙区の最大格差は1・97倍で昨年に続いて2倍未満だった。

 参院選挙区では、議員1人当たりの人口が最少の福井(定数2、38万8665人)と最多の埼玉(定数6、…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです