メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態調査

1票の格差、最大3.08倍…参院選挙区

 毎日新聞は総務省が11日公表した今年1月1日現在の人口動態調査を基に、国会議員1人当たりの人口の差を示す「1票の格差」を試算した。参院選挙区の最大格差は3.087倍で昨年1月1日時点の試算よりも拡大した。ただ、国会では参院定数を「6増」する公職選挙法改正案が審議中で、成立すれば最大格差は3倍未満に収まる。一方、衆院小選挙区の最大格差は1.97倍で昨年に続いて2倍未満だった。

 参院選挙区では、議員1人当たりの人口が最少の福井(定数2、38万8665人)と最多の埼玉(定数6、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです