メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選挙制度改革

6増、午後にも成立 野党、古屋委員長解任案検討

 参院議員定数を「6増」する公職選挙法改正案について、与党は18日午後の衆院本会議で採決する構えだ。先に参院を通過しており、自民、公明両党などの賛成多数で可決・成立する公算が大きい。定数増などを批判する野党は、古屋圭司衆院議院運営委員長(自民)の解任決議案提出などを検討している。

 改正案は「1票の格差」を縮小するため埼玉選挙区の定数を2増するのに加え、比例代表の定数も4増。各党で個人票の多い候補者から…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです