メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民

参院選の1次公認候補予定者56人を決定

 自民党は20日の選対本部会議で、来年の参院選の1次公認候補予定者56人を決定した。選挙区では、合区の「鳥取・島根」「徳島・高知」を含む9選挙区の公認を先送りした。一方、比例代表では、党内規で定める「70歳定年制」に抵触する現職9人のうち7人を例外扱いとし、公認した。

 1次公認は、選挙区37人(現職35人、新人2人)と比例代表19人(現職15人、新人4人)。比例ではこのほか、自民党会派入りしている無所属現職の井上義行氏の公認を内定した。

 安倍晋三首相(党総裁)は会議で、来年は統一地方選も控えることに触れ、「重なる年の参院選は大変厳しい…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  5. 「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー レオパレス問題

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです