メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

与党内で神経戦 2人目擁立狙う自民 公明が警戒

自民、公明両党の調整が難航しそうな参院の2選挙区

 自民、公明両党が来年夏の参院選福岡、埼玉両選挙区への候補者擁立を巡り、神経戦を展開している。自民党内に現職に加えて新たに2人目の擁立を模索する動きがあり、公明党が自党候補の落選につながりかねないと警戒。調整は難航しそうだ。

 自民党は20日の選対本部会議で、来年夏の参院選の公認候補予定者56人を決定。福岡、埼玉両選挙区ではそれぞれ現職1人が1次公認扱いとなった。

 公明党の山口那津男代表は決定前から「自民党が2人出したい場合がある。(自公)それぞれが出すと共倒れ…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです