メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア

総選挙に閉塞感 与党勝利確実、野党は解散 

解散させられた最大野党、救国党の庁舎の近くには与党、人民党の選挙看板が多数立っていた=プノンペン中心部で2018年7月23日、西脇真一撮影

 【プノンペン西脇真一】カンボジア下院総選挙(定数125)の選挙戦は、29日の投開票に向け最終盤に入った。首都プノンペンでは選挙カーから支持を訴える音声も聞こえてくるが、熱気は乏しい。最大野党だった救国党は昨年解党に追い込まれ、フン・セン首相の与党、人民党の勝利が確実視されるためだ。選挙の公正性が問われるなか、救国党は投票ボイコットを呼びかけ、人々の間には閉塞(へいそく)感も漂う。

 市内を走る運転手のブン・チェさん(62)は「2013年の前回選挙と比べ街は静かだ。当時は野党が攻勢…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文580文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです