メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

投票所遠いと「期日前」増 有権者の傾向 前回意識調査

期日前投票するための列に並ぶ人たち=東京都品川区で2017年10月、和田大典撮影

 公益財団法人「明るい選挙推進協会」は、昨年10月の前回衆院選における有権者の行動や意識を探った全国意識調査の結果を公表した。自宅から投票所までの時間と期日前投票の関係をみると、投票所まで「5分未満」の人は「期日前投票をした」のが21・9%だったのに対し、「10分未満」は35%、「20分未満」は50・2%、「20分以上」は50%と、投票所が遠いほど期日前投票に行く割合が高かった。

 調査は全国18歳以上の有権者3150人を選挙人名簿から無作為抽出し、調査票を郵送する手法で実施した…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文811文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  5. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです