メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

宜野湾市長が出馬表明 安倍政権、全面支援へ

佐喜真淳・宜野湾市長=野田武撮影

 沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う9月30日投開票の知事選で、沖縄県宜野湾市の佐喜真淳(さきま・あつし)市長(54)が14日、立候補することを正式に表明した。安倍政権が全面的に支援する。佐喜真氏は自民県連などでつくる候補者選考委員会からの出馬要請を受諾していた。

 佐喜真氏はこの日、市議会議長に18日付の辞表を提出。市長選は知事選と同日選になる公算が大きい。

 佐喜真氏は宜野湾市役所で記者団に対し、「対立や分断から無縁な沖縄を取り戻すために全身全霊をかける」…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文484文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです