メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党

新代表9月4日に選出 津村・玉木氏一騎打ち

国民民主党代表選に立候補し記者会見の冒頭で握手する津村啓介衆院議員(右)と玉木雄一郎共同代表=党本部で2018年8月22日午後0時58分、川田雅浩撮影

 国民民主党の代表選が22日告示され、津村啓介衆院議員(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が立候補を届け出た。来年夏の参院選に向けた野党連携の手法や低迷する党勢の拡大が争点だ。共同記者会見では、津村氏が「現状打破、選手交代」を掲げて現執行部の刷新を主張したのに対し、玉木氏は「死にものぐるいで改革」を掲げ、政権を担える党を目指す考えを示した。新代表は9月4日の臨時党大会で選出される。任期は2021年9月まで。

 代表選は、5月の結党後初めて。所属国会議員61人と地方議員、党員・サポーターらが投票する。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです