メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宜野湾市長選

移設反対派の仲西氏が出馬へ

 沖縄県宜野湾市の佐喜真淳(さきまあつし)前市長が知事選に出馬するために辞職したことに伴う9月30日投開票の市長選で、死去した翁長雄志(おながたけし)知事を支援した県議らでつくる候補者選考委員会は27日、前県高校PTA連合会長で会社役員の仲西春雅氏(57)に出馬を要請した。仲西氏は「重く受け止めている」として、近日中に出馬を表明する意向を示した。

     宜野湾市は中心部に米軍普天間飛行場を抱えるが、争点になるとみられる名護市辺野古への県内移設について、仲西氏は反対の立場だ。一方、市長選には、移設を進める自民、公明が支援する松川正則副市長(64)が、佐喜真氏の後継として出馬を表明している。

     市長選は知事選と同日選で、安倍政権が支援する候補と移設反対派の候補との対決という同じ構図になる見通しだ。【比嘉洋】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
    2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
    4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
    5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです