メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

玉城氏が出馬表明 「オール沖縄」再現カギ

「翁長氏の遺志を引き継ぎ、辺野古建設阻止を貫徹する」と語り、沖縄県知事選への出馬を正式に表明した玉城デニー氏=那覇市のホテルで2018年8月29日午後4時14分、佐野格撮影

 沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う9月13日告示、30日投開票の知事選で、自由党幹事長の玉城(たまき)デニー衆院議員(58)=沖縄3区=は29日、那覇市内で記者会見し、翁長氏の後継候補として立候補することを正式に表明した。翁長氏が反対してきた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画について、玉城氏は「翁長氏の遺志をしっかりと引き継ぎ、辺野古新基地建設阻止を貫徹する」と決意を述べた。

 知事選には、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)=自民、公明推薦=が既に出馬を表明している。辺野古移設を推進する安倍政権が全面的に支援する佐喜真氏と、移設に反対する「オール沖縄」勢力が推す玉城氏の事実上の一騎打ちとなる。

 玉城氏は会見で、翁長氏が生前表明した辺野古沿岸部の埋め立て承認の撤回を「全面的に支持する」と強調。めどが立たない普天間飛行場の返還について「(政府は)実効性のある取り組みをせず、返還が進まない責任を翁長知事になすりつけた。こんな政治の堕落を認めていいはずがない」と安倍政権を批判した。

 翁長氏の後継候補を巡っては、翁長氏を支えた県政与党や団体でつくる「調整会議」が選考を始めた直後に、翁長氏が生前に玉城氏らの名前を挙げていたことが判明。調整会議が正式に出馬を要請し、玉城氏は国会の野党代表らと会談するなど調整を進めていた。

 玉城氏はラジオパーソナリティーや沖縄市議を経て、2009年に衆院議員となって現在4期目。【遠藤孝康、佐野格】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです