メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民代表選

玉木・津村両氏、自民と差別化も現実味薄く

記者会見冒頭で握手する国民民主党の津村啓介元内閣府政務官(左)と玉木雄一郎共同代表=東京都千代田区の日本外国特派員協会で2018年8月29日午後3時3分、藤井太郎撮影

 国民民主党代表選(9月4日開票)に立候補した津村啓介元内閣府政務官(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が、自民党総裁選を意識して存在感の発揮に懸命になっている。基本政策で大きな違いがない両氏は、子育てや性的少数者支援などでそれぞれ独自色を出し、党員以外にもアピールする。野党ならではの大胆な主張は支持率向上につながるか。

 津村氏「ほぼ同時期に自民党総裁選が行われようとしているが、次世代の与党を担う気概を持ち、新しい社会…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1012文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです