メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本市

大西市長が再選出馬表明

大西一史・熊本市長=矢頭智剛撮影

 熊本市の大西一史(かずふみ)市長(50)は3日開会した市議会定例会の本会議で、任期満了に伴う市長選(11月4日告示、18日投開票)に再選を目指して立候補すると表明した。自民、公明が支援する見通しで、立憲、国民も支援に回るとみられる。同市長選への立候補表明は1人目。共産系の市民団体が候補擁立を目指している。

     大西氏は議案の提案理由を説明した後に「熊本地震からの復旧復興は緒に就いたばかりだ。震災前より素晴らしい熊本市にするため、引き続き先頭に立って全力を尽くしたい」と述べた。

     大西氏は熊本市出身。商社勤務や衆院議員秘書を経て、熊本県議5期目中の2014年、自民と公明の推薦を受けて熊本市長に初当選した。【城島勇人】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
    4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
    5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです