メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名護市議選

投票始まる 辺野古移設賛否が争点 沖縄

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への賛否が争点の名護市議選(定数26)は、9日午前7時から市内17カ所の投票所で投票が始まった。即日開票され、10日未明に大勢が判明する見通し。30日投開票の知事選の前哨戦としても注目される。

     辺野古移設容認、反対両派などが激しく争った選挙戦には、計32人が立候補した。内訳は、移設反対派が17人で、容認派や反対を明言しない候補らが合わせて15人。

     移設反対派は、17人中12人が、安倍政権の支援を受ける渡具知武豊市長を不支持だが、公明党の2人は支持する。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
    4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
    5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです