メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

沖縄・名護市議選 「基地移設影響なし」 政府、伯仲に懸念

 9日投開票の沖縄県名護市議選(定数26)で渡具知武豊市長を支持する市長派と反市長派が13人ずつ当選し、選挙前(定数27)より反市長派が1人減った。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設を目指して市長を支援する政府は「移設に影響はない」(高官)と強調。ただ市議会で与野党伯仲が続く結果に、政府内からは「もう3、4議席ほしかった」と懸念も漏れた。

 反市長派に加え、市長派の公明党(2人)も移設反対を掲げており、移設問題については反対派が推進派を上…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文539文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです