メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

13日告示 佐喜真氏と玉城氏の対決か

 翁長雄志(おなが・たけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選は13日告示される。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設工事が進む中、安倍政権が支援する前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、翁長氏の後継候補として移設に反対する自由党幹事長の玉城(たまき)デニー衆院議員(58)が対決する構図となる見通しだ。投開票は30日で、結果は辺野古移設の行方に大きな影響を与える。

     佐喜真氏は「街の真ん中にある危険な普天間飛行場の一日も早い返還を求める」と主張。辺野古移設を進める安倍政権の幹部が次々と沖縄入りして全面支援するが、佐喜真氏自身は移設の賛否を明言していない。公明は2014年の前回選は自主投票で臨んだが、今回は佐喜真氏を推薦した。

     玉城氏は「翁長氏の遺志を継ぎ、辺野古の新基地建設を阻止する」と訴える。政党への推薦は求めていないが、県政与党の共産や社民などに加え、立憲民主も支援。保守の一部と革新が共闘する「オール沖縄」態勢の再構築を図り、翁長氏が勝利した前回選の再現を狙う。【遠藤孝康】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
    3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
    5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです