メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

基地問題に苦しむ県民 移設問題争点化6回目

土砂の投入に向けて埋め立て予定区域の護岸工事が進む辺野古の沿岸部=沖縄県名護市で2018年4月19日、本社機「希望」から徳野仁子撮影

 沖縄県知事選が13日告示された。日米両政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還合意から22年。安倍政権は、移設先の名護市辺野古の海に埋め立て用の土砂を投入する直前まで工事を進めたが、県民の反発は根強く、知事選で移設問題が争点になるのは6回目だ。事実上の一騎打ちとみられる2人の候補は早速名護市に入り、対照的な演説を展開。基地問題に苦しみ続ける県民が訴えに耳を傾けた。

 安倍政権が全面支援する前宜野湾市長の佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)は大票田の那覇市の選挙事務…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです