メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事選

佐喜真氏vs玉城氏 事実上の一騎打ち

 翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う沖縄県知事選が13日告示され、立候補を届け出た4人による選挙戦がスタートした。いずれも無所属新人で、前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、元衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)の事実上の一騎打ちの構図で争われる。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が佐喜真氏を推し、翁長氏の後継として移設反対を訴える勢力が玉城氏を支援する。投開票は30日で、結果は辺野古移設の行方に大きな影響を与える。

 那覇市での出陣式で、佐喜真氏は「対立や分断の4年間を繰り返すのか。和をもって沖縄を前に進めていくの…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです