メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

沖縄知事に玉城氏 自公総力戦落とす

近年の沖縄県知事選の構図と結果

 30日投開票の沖縄県知事選は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する玉城(たまき)デニー氏(58)が、安倍政権の支援する佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)との総力戦を制した。急逝した翁長雄志(おながたけし)氏の「弔い合戦」が奏功し、無党派層を取り込んだ形だ。政府は今後も移設計画を進める方針だが、安倍政権の求心力低下も予想される中、先行きには不透明感がある。【遠藤孝康、竹内望】

この記事は有料記事です。

残り2167文字(全文2371文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです