メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県知事選

「弔い合戦」奏功 辺野古移設不透明に

近年の沖縄県知事選の構図と結果

 30日投開票の沖縄県知事選は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する玉城(たまき)デニー氏(58)が、安倍政権の支援する佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)との総力戦を制した。急逝した翁長雄志(おながたけし)氏の「弔い合戦」が奏功し、無党派層を取り込んだ形だ。政府は今後も移設計画を進める方針だが、安倍政権の求心力低下も予想される中、先行きには不透明感がある。

 「知事選で敗れればもう移設を止められない」。移設反対派は、辺野古移設を強行する政府に対して強い危機…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1453文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです